​BIOGRAPHY

小林 桂 (こばやし けい)

 

1979年5月9日東京・新宿生まれ。
祖父はジャズ・スティールギタリストの村上一徳、父はジャズ・ピアニストの小林洋(よう)、母はジャズ・ヴォーカリストの村上京子という音楽一家の環境に生まれ育つ。
幼少期に観たアメリカのミュージカル映画やショーなどに感銘を受け、エンターテインメントの道に進むことを決意。

5歳より習い始めたクラシックバレエでは英国王立ロイヤル・アカデミー・オブ・ダンスの世界共通検定試験にて最年少、最高点を獲得。多くの最優秀記録を残し、様々な舞台出演、ミュージカル主演などを経験。

中学の吹奏楽部でドラムを始めたことをきっかけに、より音楽にのめり込む。ドラムを叩きながらジャズスタンダードを口ずさむようになり、ジャズドラム、ピアノ、ヴォーカルを独学で学ぶ。

十代の頃より都内のジャズクラブ、ライヴハウスでドラマー、ヴォーカリストとしてライヴ活動を開始。

1995年16歳、神戸ワールド記念ホールにて行われた阪神淡路大震災チャリティーイベント・コンサート「Big Hand」にヴォーカリストとして参加。ハービー・ハンコック(P)ら世界的ミュージシャンと同じステージに立つ。

1996年17歳、阪神淡路大震災のチャリティーアルバムにてヴォーカリストとして初のCD「K列車で行こう/17才のジャズ」をリリース。被災した高校生によるビッグバンドと共演。

同年、ベルリン・コンテンポラリー・ジャズ・オーケストラのジャパンツアーにゲスト・ヴォーカリストとして参加。

翌年18歳には初のリーダーアルバム「18/ P.S. I Love You」を発表、話題となる。

1999年20歳、スイングジャーナル誌読者人気投票 男性ジャズ・ヴォーカリスト部門第1位に輝き、

ルバム「ソー・ナイス」 (somethin’else/東芝EMI 現:ユニバーサルミュージック)で

「日本が誇る20歳の天才ヴォーカリスト」の呼び名でメジャーデビュー。

大ベストセラーとなり各マスコミにも多く取り上げられる。

2000年、ミュージカル「ミラクル」(原作:辻人成、音楽:宮川彬良)の主役に抜擢、主演。

同年、スコット・ハミルトン(T.sax)、エディ・ヒギンズ(P)らのジャパンツアーにゲスト・ヴォーカリストとして参加。

スイングジャーナル誌ゴールド・ディスクほか、ニュー・スター賞、日本ジャズ・ヴォーカル大賞、ジャズ・ディスク大賞、日本ゴールド・ディスク大賞、文化庁主催芸術祭レコード部門優秀賞等、数多くの賞を受賞。

中国・台湾・韓国・シンガポールでもアルバム発売。

シンガポール音楽祭にて単独コンサート実施。

2001年、米・NYブルーノートに自己のグループ率いて最年少出演。

同年、アニメ映画「メトロポリス」(原作:手塚治虫、脚本:大友克洋)にて主役ケンイチ役の声優に抜擢。

 

同年、神宮球場ヤクルト-巨人開幕戦セレモニーにて、また翌年東京ドームで行われた日米野球2002開幕戦にて、父・小林洋のピアノ伴奏で「君が代」をジャズアレンジにて独唱という偉業を成す。

2002年にはマルイ・メンズブランド「ビサルノ」、2012年には「トミー・ヒルフィガー」にてイメージキャラクターを務めるなど、幅広い業界から注目を集める。

 

2003年、フジテレビ系ドラマ「フジ子・ヘミングの軌跡」(出演:菅野美穂、十朱幸代、野際陽子、ウエンツ瑛士ほか) にてジャズシンガーのケン役として出演。

同年、東京ディズニー・シーにて開催されたスペシャル・イベント「ディズニー・デリシャス・デイズ」において、スペシャル・コンサートをパーク内の劇場「ブロードウェイ・ミュージック・シアター」にて実施。

 

2004年、資生堂ピエヌCMソング「流し目プレイ☆」(出演:伊藤美咲、音楽:菅野よう子)の歌唱にて話題となる。

 

2005年、映画「真昼の花」(原作:角田光代、監督:秋原正俊、出演:森下千里、黒田アーサーほか) にてストーリーテラー役として出演。

25歳までに100曲を超えるスタンダード楽曲を録音し、ジャズ・ヴォーカルブームを牽引する存在に。

 

2010年、ポニーキャニオンに移籍。ポニーキャニオンにて自己のレーベル「twinKle note」を立ち上げ、更に多くのリリースを重ねる。

2016年にはリクエストの多い名曲を集めたアルバム「ザ・スタンダード」
2017年には「ザ・スタンダードⅡ」をリリース、通算20枚目のアルバムとなる。

2018年、「音楽生活25周年記念ツアー」を小林桂クインテットにて実施。

2019年、「クリスマスツアー2019  “Kei sings Xmas!”」を小林桂クインテットにて実施。

現在は自身と同世代のバンドメンバーから成るユニットでの活動を中心に全国的に演奏活動を展開中。

ジャズスタンダードの伝道師として、原曲の美しさを活かす曲解釈、またスキャットでミュージシャンと対等にインプロヴァイズして行くヴォーカル・スタイルは幅広いリスナー、ミュージシャンから支持され続けている。

■受賞歴

2000年 

日本ジャズ・ヴォーカル賞大賞受賞

2001年 

スイングジャーナル誌主催ジャズ・ディスク大賞ニュー・スター賞受賞

2002年 

スイングジャーナル誌主催ジャズ・ディスク大賞ヴォーカル賞受賞

日本ゴールド・ディスク大賞JAZZ ALBUM OF THE YEAR受賞

文化庁主催 平成14年度芸術祭 レコード部門 優秀賞受賞

2003年 

スイングジャーナル誌主催ジャズ・ディスク大賞ヴォーカル賞2年連続受賞

■TVCMソング

●資生堂アスプリール
●資生堂ピエヌ
●ルノーメガーヌ グラスルーフ カブリオレ
●ビー・スリー 魔法のパンツ
●サントリーウィスキー・トリスクラシック
●株式会社クルーズ

■TV番組テーマソング

●TBS系「ブロード・キャスター」オープニング・エンディングテーマ2年間
●NHKドラマ「行列48時間」エンディング
●テレビ朝日系 「ポータルANNニュース&スポーツ」オープニング

■出演TV番組

「ミュージックフェア」

「題名のない音楽会」

「徹子の部屋」

「めざましテレビ」

「ズームイン朝」

「ニュースジャパン」
「きょうの出来事」

「たけしの誰でもピカソ」
「ごきげんよう」

「はなまるマーケット」

「夢・音楽館」
「トップランナー」
「スタジオパークからこんにちは」
「NHKドキュメント/小林桂 奇跡のジャズ・ヴォーカリスト」
「公園通りで逢いましょう」
「お元気ですか日本列島」
「日本の名曲 世界の名曲  人生、歌がある」 ほか

■影響を受けたミュージシャン

Duke Ellington, Michael Jackson,

Carpenters, Oscar Peterson,

Ed Thigpen, Bill Evans,

Clifford Brown,  Stan Getz,

Frank Wess, Nat King Cole,

Johnny Hartman, Mel Torme,

Ella Fitzgerald, Carmen Macrae, 

Carol Sloane, Maxine Sullivan

​Copyright©︎ KEI KOBAYASHI Official Website All Rights Reserved.