topimage

■小林桂(Kei Kobayashi)

The Birth to the Debut

 
1979年 5月 東京生まれ。両親、祖父ともに、ジャズ・ミュージシャンという音楽一家に生まれる。
3歳 遊園地で初めて見たミュージカル、そしてデューク・エリントンの名曲に乗せたショウなどに刺激され、その日以来寝る時間以外は、歌い踊るのみと言う日常の始まり。
5歳〜12歳 あの日から二年間、毎日親にせがみ、一人で通う事を条件にクラシック・バレエを始める。初舞台(5歳、)はメルパルクホールで芸術祭参加作品、ニクラス・ディクソン振付作品。その後、英国ロイヤル・バレエ・アカデミーの世界共通検定試験では、常に最年少で最高得点を獲得。数々のクラシックバレエの舞台に立つ。合唱コンクールでは毎年指揮者賞受賞。
又、父のピアノトリオや母率いるグループなどのライブやコンサートの際に、頼み込んでは歌い踊る出番を自ら演出、あちこちに出没しては拍手喝采を受ける様になる。
13歳 初オーディションにてミュージカル『キッズ・イン・ザ・キッチン』(音楽・宮川彬良)の主役に抜擢出演。
ブラスバンド部に入りドラムを担当。ドラムの練習をしつつ次第にジャズに目覚め始める。
15歳 この頃から、ヴォーカリスト、ドラマーとして、都内のジャズライブ・シーンで活動を開始。
一度共演したミュージシャンからは必ずアンコール依頼が来て、出演したライブハウスからもどんどん再依頼が来る様に。歴史ある両親のグループ、ザ・シャイニーストッキングスでは、ドラムのレギュラーの座を獲得、ドラムの叩き語りなども評判になる。
16歳 阪神大震災チャリティー・コンサートで、ハービー・ハンコックら世界の一流アーティストと共に一万人のコンサートに出演。前衛ジャズグループ、ベルリン・コンテンポラリー・ジャズ・オーケストラ のツァーに参加ほか。兄を訪ねて初の英国ひとり旅、兄と共に初NYジャズ見聞。毎年自分の記録をCDに残して行こう、と思い始める。
17歳 前記チャリティーの一環として、甲南高校ビッグバンドと共演したミニ・アルバム 「゛K"列車で行こう!〜17歳のジャズ〜」で、デューク・エリントンの曲を収録、発売。
NHK BSのジャズ番組にゲスト出演ほか。ジャズライブハウス、コンサート出演を重ねる。
ドラムではベテラン・ジャズ・ボーカリストの伴奏などを多数務める様になり、ライブ活動もレギュラーとして定着。
18歳〜19歳 初のリーダー・アルバム「18/P.S. I LOVE YOU」(ネクストレコード)をリリース。ジャズ専門誌で話題になり高い評価を受ける。19歳「my romance」収録。

After the Debut

1999年 メジャー・デビューアルバム「So Nice」(東芝EMI)を発表。
1999年〜2000年 20歳の天才ボーカリストと各メディアにも取り上げられる。
スイングジャーナル誌に於いて、連続4ヶ月間ヴォーカルチャート第1位、年間ヴォーカル・チャートの No.1を断トツで獲得。
ジャズボーカル大賞受賞。
自己のグループ率いてブルーノート・ツアーにて各地 Sold out の実績。
ミュージカル「ミラクル」(音楽・宮川彬良)主演。
資生堂CMソング On air スタート。
スイングジャーナル誌・読者人気投票《男性ジャズ・ヴォーカル部門》で第1位。
台湾、韓国などアジアの音楽シーンでも話題になる。
2000年10月 2ndアルバム「just you」発売。
2000年度《日本ジャズ・ヴォーカル賞「大賞」》を最年少で受賞。
シンガポール公演実施。
2001年〜
スイングジャーナル誌主催・2000年度・ジャズ・ディスク大賞「ニュー・スター賞」を受賞。
小林桂「just you」・全国横断ツアー実施。
神宮球場ヤクルト−巨人開幕戦セレモニーにて、「君が代」独唱。 父子共演で話題を呼ぶ。
手塚治虫原作・大友克洋脚本・りんたろう監督による超大作アニメ映画『メトロポリス』(東宝系)の主人公「ケンイチ」役の声で、声優に抜擢。
TBS系TV『ブロードキャスター』のオープニング・テーマとして起用された「ハウ・ハイ・ザ・ムーン」がオンエア、スタート。
21歳、自己のグループ率いて、名門クラブ、ブルーノート・ニューヨークにて初の NY 公演実施。DVD「Live in NY」として発売される。
3rd アルバム「Misty K」発売。同時に初の単行本「Misty K」も発売になる。
メンズ・ブランドの写真モデルを務めるなど、ファッション業界からも注目。
父・小林洋のピアノ & 編曲で初のクリスマス・アルバム「ワンダーランド」発売。
三ヶ月に渡り、「小林桂"Misty K"ツアー2001」全国ツアー実施。
2002年〜
「Misty K」がスイングジャーナル誌主催2001年度ジャズ・ディスク大賞「ヴォーカル賞」を受賞。
日本ゴールド・ディスク大賞「JAZZ ALBUM OF THE YEAR」を受賞。
同アルバムは台湾、韓国、シンガポールに続き、中国でも発売される。 前年に続きTBS系TV『ブロードキャスター』のテーマとして、オープニングに「ナイト・アンド・デイ」エンディングに「星に願いを」「スマイル」が選ばれ、オンエア開始。
4thアルバム「Softly」発売。
全27公演に及ぶ「小林桂"Softly"ツアー・2002」全国ツアーを実施。
全公演ストリングスを従えた10人編成、歌・タップ・ドラム演奏と、まさに「日本が誇るエンターティナー」としての本領発揮、各方面で話題になる。
東京・オーチャードホール公演の模様はDVD化され、2003年3月に発売。 東京ドームで行われた日米野球2002巨人VSメジャーリーグ開幕戦にて、父・小林洋のピアノ伴奏で「君が代」独唱。
2003年〜2004年
「Softly」が、文化庁主催、平成14年度(第57回)芸術祭「レコード部門」優秀賞を受賞。
スイングジャーナル誌主催2002年度ジャズ・ディスク大賞「ヴォーカル賞」を2年連続受賞。
資生堂「ピエヌ」(伊東美咲出演)CMソング「流し目プレイ☆」オンエアスタート。話題になる。
初マキシ・シングルとして「流し目プレイ☆」発売。
CX系TVドラマ『フジ子・ヘミングの軌跡』ドラマ初出演。
2004年2月アルバム「Nature Boy」発売。(発売、全アルバム10枚目となる)全国公演「小林桂コンサート"Nature Boy"2004」を実施。
25歳にして10枚のアルバム及び、10年のキャリアを達成、さまざまなシーンで起用される。 唄にタップにお喋りに、と、エンターテイナー振りを発揮するホールコンサートが好評。
19歳の時に収録、未発表のままだった幻のアルバム「19/my romance」を音楽生活十周年記念盤として、スペシャルリリース。
2005年〜 仏車ルノーのCMソングとして「イースト・オブ・ザ・サン」がTVほかにて オンエアスタート。
3/24 最新アルバム「Love Letters」発売。これが25歳の声の記録としての最新アルバム。久々の父子共演のアルバムで、全編曲、及びピアノを手がけた父、小林洋共に話題を呼び各メディアから、父子共演の出演依頼が殺到。
父子共演での出演は三回目となる、ブルーノート福岡、大阪、名古屋の公演を実施。 各地にて Sold out 続出。 スイングジャーナル誌・読者人気投票・男性ジャズボーカル部門・連続6年間第一位! 5月ホールコンサートにて小林桂ツアー2005を実施。現在に至る。

■小林桂ホームページ入場者・50万人突破
http://www.kobayashikei.com/
■パーソナルオフィス・(有)シャイニーズオフィス
http://www.shinys-office.co.jp/
■コンサート制作・(株)MSエンタテインメント・プランニング
ファンクラブ桂友倶楽部・ 所属レコード会社・東芝EMI
http://winwin-inc.jp/kei/